• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME
明星学苑の教育

教育理念

建学の精神
「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」
 
 
教育方針
1.人格接触による手塩にかける教育
和の精神を礎にした「指導者が誠の心をもって生徒・学生の自然の心を誠の心に育て上げる」教育、「人格接触」の教育、「手塩にかける」教育を実践しています。
2.凝念を通じて心の力を鍛える教育
凝念は、心の働きを一点に集めること、精神統一が目的です。姿勢正しく腰を掛け、両手は下腹部に合わせて瞑目して、臍下丹田(せいかたんでん)に力を入れるとともに、心を丹田に集中するよう努力するものです。このようにして、心の力が当面する物事に集中する習慣付けをすることを目的とした修養法です。
2.凝念を通じて心の力を鍛える教育
王陽明の「知行合一」、二宮尊徳の「実践躬行」およびジョン・デューイの「ラーニング・バイ・ドゥーイング」の思想の流れを汲む体験教育は、「思索と体験の一致の教育」で、単なる頭の教育に終わらず、判断力と実行力に優れた人の育成をめざしています。
 
校訓
「健康、真面目、努力」
「健康、真面目、努力」の校訓に基づき、明るく、強く、正しい精神を体得させ、あくまでも良識と実践力のある心身ともに健全な生徒・学生の育成を目的として創立以来歩んでいます。
 
明星学苑がこれからも変わらず目指すもの
明星学苑は、建学の精神である「和の精神のもと、世界に貢献する人を育成する」ことをもって社会に寄与することをその使命とします。
そのために、学苑が設置する学校は、校訓「健康、真面目、努力」を旨とし、一人ひとりの学生・生徒・児童・園児を大切にして徳育・知育・体育の調和を目指す「人格接触による手塩にかける教育」を行い、着実に教育の成果を上げることに努めます。
 
明星学苑の約束
明星学苑は、教育方針の実践により、多様化してゆく地域社会や国際社会に貢献するために、たくましく生きる力をそなえ、他者をいたわり尊重する心を持ち、品性と知性と身体の調和のとれた人を育てます。
学苑のすべての教職員は、学苑の教育目標の実現に向けてあらゆる力を傾注し、教育目標を達成することによって、社会に貢献し、学生・生徒・児童・園児および保護者からの信頼を得ることを基本姿勢とします。