• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME
トップ明星学苑報学苑報NO.31>クローズアップ!

明星学苑報WEB版

クローズアップ!明星大学ボランティアサークルの活動が、広く社会に認められ、表彰を受けました。

「めばえの会」
平成21年度財団法人学生サポートセンター主催
「学生ボランティア団体」助成制度に入選(ナジック賞受賞)



めばえの会 浅野泰平 (代表:石丸元紀)
 「めばえの会」は、障害を抱えた方たちと一緒に、お出かけやスポーツなどを通して楽しい時を過ごすことを目的に活動しています。みなさんと直接触れ合うことで「障害とは何か」を体験的に学ぶことができます。
 また、ハンディキャップを持ちながらも私たちと同じように生きている障害者を周囲の人たちに理解してもらいたい、そのためにはどのようにすればよいのかを探していくことも大切だと考えています。少しでも多く触れ合う機会を得るために、定期的な活動だけでなく、近隣の福祉施設等へのボランティアも行っています。
 これらの活動が、結果として「ナジック賞」という形で評価していただけたことを、部員一同うれしく思っています。今後もひとつひとつの活動を「みんなが楽しめる、温かい雰囲気」にし、それをずっと維持していきたいです。

●学生サポートセンター「学生ボランティア団体」助成制度
財団法人学生サポートセンターが主催する制度で平成15年度に開設。大学生の社会参加の第一歩となり、社会をより良くしていこうとするリーダーシップの芽生えとなる学生ボランティア活動を支援する。「めばえの会」は、第1回に続き2度目の受賞。




「あすなろの会」
第9回ソニーマーケティング学生ボランティアファンドに入選



あすなろの会 会長:中嶋智美
 海外支援ボランティアサークル「あすなろの会」では、今回「つながる(絵)がお♪」という企画を立案し、主にフィリピンの4年制のハイスクール生と幼稚園の子どもたちへの支援を行いました。現地の子どもたちとの交流をさらに深めるために、同じテーマ(将来の夢)で描いた絵を、フィリピンの学生と日本の学生とで交換するという企画です。この企画を通してお互いの将来の夢を知ることができ、さらに絵はひとりひとりの個性が出るので、お互いの心の距離を縮められると考えました。
 今回、ソニーマーケティング学生ボランティアファンドに採択され、部員一同、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。この活動をきっかけに、さらに多くの子どもたちに海外支援ができるよう、がんばります。

●ソニーマーケティング学生ボランティアファンド
ソニーマーケティング株式会社が主催する制度で平成13年に設立。大学生の社会貢献活動を支援し、社会をより良くしていこうとするリーダーシップの芽生えとなる学生ボランティア活動を支援する。昨年は本学のボランティアサークル「ひまわり」も入選。