• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME

明星学苑報WEB版


開校当初の本館の一部及び玄関

昭和14年ごろの明星中学校の凝念(講堂にて)

開校当時の朝礼風景

明星学苑賛歌の碑

明星学苑創立85周年記念式典
 「学天の明星」を目指し、児玉九十先生が武蔵野の地に明星実務学校を創立したのは1923年でした。精神統一によって集中力を高める「凝念」をはじめ、児玉九十先生は独自の理念によって時代の先を見据えた教育を展開します。欧米のスタイルを取り入れた「寄宿教育」や“体験教育”に欠かせない宿泊行事「山の学校・海の学校」、さらには1930年に「第1回鮮満研修旅行」が実施された海外研修など、当時としては斬新な教育方針が次々と打ち出されたのです。こうした児玉九十先生が掲げる「体験教育の精神」は、王陽明の「知行合一」と二宮尊徳の「実践躬行」の思想の流れを汲むものでした。1929年に創刊された広報誌も「体験教育」と名づけられ、戦争の影響で休刊時期があるものの現在も愛読され続けています。
 その後、明星学苑は“総合学園”として大きな発展を遂げます。まず寄宿舎跡に住む先生方の子どもたち用の“内部施設”が、1949年「明星幼稚園開園」のきっかけでした。そして幼稚園の教育効果を認められた園児の保護者からの「幼稚園に続く小学校をぜひたてていただきたい」「二枚の着物の一枚を売ってでも費用は負担しますから」といった声に応える形で1950年に「明星小学校誕生」。さらに共学の小学生を卒業する女子を受け入れるために1954年「明星中学校、高等学校に女子部開設」の流れとなったのです。
 科学技術教育の必要性を感じた児玉九十先生は、1961年の明星高校工業科開設に続き、明星学苑創立40周年の記念事業の一貫として1964年に「明星大学開学」。高度な科学技術を身につけた人材育成のための理工学部開設でした。また、より多くの人に学習する機会を提供するために1967年には「明星大学通信教育部」を新設。そして1987年の「いわき明星大学開学」は、福島県いわき市からの誘致があって実現したもので、現在は地元になくてはならない大学として根づいています。
 各校の特色ある取り組みは学問だけにとどまらず、スポーツや文化的活動をはじめ多岐にわたっています。例えば「明星小学校マーチングバンド」「明星高校ハンドボール部」は輝かしい実績を誇りつつ現在も大きな注目を浴びる存在です。また明星大学は「東京リンカーン・センター」「シェイクスピア戯曲全集」など歴史的に貴重とされる文献・資料との関わりが深く、いわき明星大学も木造大型ヨット「エコー号」が太平洋縦断するといった話題を提供してくれました。さらに明星学苑は、1967年のカフジ明星小学校・幼稚園の創立を皮切りに「海外における明星教育」を積極的に推進するほか、「PTA活動」「インターアクトクラブ」などへも、時代に先駆けて取り組んだのです。
 1931年に制定された「校旗」は現在もその朱色の雄姿をはためかせ、創立35周年を記念して作られた「明星学苑賛歌」は、いまもなお歌い継がれています。2008年には「明星学苑創立85周年記念式典」を盛大に開催しましたが、2013年の創立90周年、2023年の記念すべき創立100周年を間近に感じられる時期になってきました。児玉九十先生の目に、いまの「学天の明星」の輝きはどのように映っているのでしょうか。明星学苑にとって、これから2023年までの期間は非常に大切な時期となります。明星学苑に関わる全員の心をひとつにし、さらに明るく輝かしい明星学苑として、創立100周年を迎えたいと思います。