• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME
明星学苑報WEB版
 

 



 中学2年生の宿泊行事としてネイティブ・イングリッシュ・ティーチャー(以下「ネイティブ」)の指導による英語のキャンプ「イングリッシュ・サマーキャンプ」が7/19~7/22の4日間志賀高原にて行われました。これは今年度からの新しい企画で、164名が参加しました。
 3年次に予定しているカナダでの語学研修を見据え、英語を使った会話力・コミュニケーション能力の向上を図ります。また、集団生活によって友情を深めることや、志賀高原の自然に触れることによって心を充実させることも目的の一つです。

 

 

 

 実施内容として英語による挨拶、英語でのゲーム、英語による劇発表などがありました。プログラム中のネイティブとの会話は英語でと決められていたため、最初は多くの生徒が緊張気味でしたが、時間が経つにつれて積極的に話しかけられるようになり、集大成の英語劇では表現力も含めて内容の濃い発表ができました。
 実施後、保護者から「大変楽しそうだった。子どもが変わった」という声があがりました。3泊4日の短い期間でしたが、生徒にとっては英会話力だけでなく、集団行動を通して人間力も向上させる良い取り組みになったようです。

 

 



 7月13日(金)に日本を旅立ち、カナダの西海岸バンクーバー近郊の町、アボッツフォードでのホームステイを行いました。総勢18名の参加者のうち8名は2週間のプログラムを終え帰国し、10名は1週間延長した全3週間のプログラムを体験しました。
 2週間の基本コースの最終日前夜に行われた「インターナショナル・デイ」では、J-POPを披露するなどの交流を通してホストファミリーとの最後の夜を楽しみ、別れを惜しみました。このプログラムは、参加した生徒たちに「留学生として必ずまたカナダに来る!」という思いを抱かせ、世界へ踏み出す大きな一歩となったようです。

 

以下、ホームステイ期間中に本学苑ホームページに掲載された現地報告を抜粋いたします。
ご参考:明星中学高等学校ホームページトップ>明星中学高等学校 お知らせ「平成24年度ホームステイ(カナダ)の現地報告」