• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME
トップ>明星学苑報>学苑報NO.40>先輩の実になる話
明星学苑報WEB版

 

 プロフィール

1974年福島県いわき市生まれ。父の影響で8歳の時からサーフィンを始める。実家がサーフショップを経営し、弟(いわき明星大学卒業)もプロサーファー。1993年にプロへ転向し、2010年からの2年間はNSA(日本サーフィン連盟)の支部長を務めた。現在は「福島サーファーとして元気な姿を世界にアピールしたい」という考えの下、様々な大会で活躍する。その一方で、アマチュアサーファーへの支援や育成にも取り組んでいる。

 

まず、サーフィンを始めたきっかけとJPSA(日本プロサーフィン連盟)公認プロとなられた経緯を教えていただけますか。

 父がサーフィンをやっていたので海に付いて行くようになり、私も8歳頃から父や周りの大人たちを真似て始めました。始めて少し経った頃に出場した大会で、女の子に負けてしまい悔しくて(笑)より一層サーフィンにのめりこみました。その後14歳でプロテストに合格したのですが、受験を控えていたのとアマチュア大会での実績を積みたかったため、一度辞退しました。本格的にプロへと転向したのはいわき明星大学に入学した頃になります。平日は大学へ、休日は海へ通うという充実した大学生活を送りました。

 

現在はプロサーファーとしてどんなことをされているのですか?

 ひとつは大会に出場することです。国内のランキングを決める大会や国際大会に参加します。7月中旬に中米のニカラグアで行われた世界選手権には日本代表として参加し、35歳以上のマスタークラスという部門で64人中9位という成績を収めました。もう一方で、アマチュアサーファーへの支援や育成に取り組んでいます。昨年の震災があった頃はNSA(日本サーフィン連盟)の支部長をしていました。この連盟には全国で約1万5000人の会員がいます。現在は連盟主催の大会で審査員をするなど、連盟の運営に関わっており、今後はそういったことも含め、幅広い活動をしていきたいと思っています。

 

 世界を股にかけてご活躍されていますが、どこの海が印象的でしたか?

 タヒチでは海底が一面のサンゴ礁という場所で波に乗りました。砂浜と違って危ないのでヘルメットをしながらのサーフィンでした。モルディブではボートトリップという船上で波を待ち、巨大な波にアタックするスタイルのサーフィンもしました。ただ、世界中にそういった良いポイントがあってもホームポイント(拠点とする場所のこと) はいわきの海です。例えばいわき市豊間の海岸には、世界の有名どころに引けをとらない良い波が来るんですよ。

 

震災後はいつ頃からいわきの海に入っているのですか?

   

 今年の4月からです。海岸の状況を見て、そして東日本大震災から1年が経ち、慰霊祭が行われたことを節目に、と考えた上での決断でした。少しずつですが、海に人が戻って来ています。また、全国から「震災直後は何もできなかったけど」とサーファーたちが来てくれたり、いわきの海の良さを分かって応援してくれたりする人たちがいます。私の実家が経営しているサーフショップも津波の影響で床上浸水をしたのですが、東京や千葉からそういった人たちが駆けつけ、営業再開に向けた片付けを手伝ってくれました。

 

床上浸水後、お店を再開するまでどのくらいかかったのですか?

 大量の砂を運び出さなければならず、2ヶ月くらいはかかりましたね。片付けを進めるとともに、私自身も米や水などの支援物資を避難所になっている近くの幼稚園や学校の体育館へ配りました。自分だけが困っているという状況ではなかったので。

 

地元いわきとサーフィンへの思い入れが伝わってきます。

 そうですね。いわきは生まれたときから、そしてサーフィンは8歳から、どちらも30年以上の付き合いになります。昔から親しんでいたいわきの海が、少しでも早く元通りになるように願っています。7月7・8日の2日間、茨城県の大洗海岸でサーフィンの大会とB級グルメの屋台村がコラボレーションしたイベントがあり、大変盛り上がったのですが「次回は是非いわきで」という声も上がりました。今後このようなイベントを通し、より一層海に活気が戻ることを期待したいですね。
 サーフィンは自然を相手にするスポーツですから、思うようにいかないことが多いですし、自然の偉大さにひやりとしたこともあります。でもそれ以上に、波乗りに成功した時の達成感やサーフボードの上で感じるスピードの爽快感など、日常生活では得がたい魅力に溢れています。お店へ足を運んでもらえればサーフィンだけでなく、マリンスポーツ全般のアドバイスができますので機会があれば是非いらしてください。マリンスポーツをすると自然を大切にするようになります。マリンスポーツへ、海へ、そしていわきへ少しでも興味を持ってもらえれば嬉しいです。