• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑 明星幼稚園

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME

園生活

府中校の自然

 明星学苑・府中キャンパスは、立川段丘に広がる雑木林を切り開いて造られてきました。
 創立以前からこの地域に点在して成長していたアカマツ・クヌギの中には、今なお100年の樹齢を持って元気なものもあります。
 その後自然に発芽生育したり、植栽されたりしたものも多く、現在100種以上の樹種が約1000本ほど数えられます。

 「府中市指定保存樹木」は、平成3年には142本でしたが、平成29年度調査結果では178本に増加しています。
【対象】幹の周辺が1m以上(地上1.2mの高さで計測)・高さが10m以上あるもの。


春の自然

準備中です。

夏の自然

ヤマモモ:ヤマモモ科ヤマモモ属
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

ヤマモモ:ヤマモモ科ヤマモモ属
山桃、Myrica rubra


6月中旬頃から赤い実をつけ、緑の中に赤い実がよく目立つ。花は4月ごろ開花し、果実は1~2cmでいやにもおいしそうに見える。食べると甘酸っぱい味がする。府中校に数本あり木により(場所により)実の大きさが違う。

アカンサス:キツネのマゴ科ハアザミ属
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

アカンサス:キツネのマゴ科ハアザミ属
Acanthus.mollis(園芸種)



6月中旬から背の高い茎を伸ばし、細長い白い花を咲かせます。府中校では、児玉九十記念講堂前(ホソイトスギ木の下)で見ることができる。葉は大きくつやがあり、ギリシア建築等の柱頭の装飾として用いられたことでも知られている。

Acanthus.mollis(園芸種)の葉
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

Acanthus.mollis(園芸種)の葉


葉は大きくつやがあり、ギリシア建築等の柱頭の装飾として用いられたことでも知られている。

秋の自然

ハナミズキの実
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

ハナミズキ:ミズキ科
花水木 別名/アメリカヤマボウシ


(左写真:ハナミズキの実)


10月に入り府中校のあちらこちらに赤い実をつけた木々が見られるようになった。ハナミズキはそのひとつである。その実は赤く輝き人目を惹く。秋が深まるころには、葉は紅葉し、とても綺麗で、府中校内を散歩する園児が、喜んで集める葉のひとつでもある。

中学高等学校東側のハナミズキ
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

(左写真:中学高等学校東側のハナミズキ)


花は4月~5月頃、総苞片がまるで白い花が咲いているかのように見え、とても美しい。(薄ピンクに見えるものもある)新緑の緑の中で人目を惹く樹木である。季節ごとに楽しめる樹木で、庭木として植えられることが多い。

ヒガンバナ
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

ヒガンバナ:ヒガンバナ科
彼岸花 別名/マンジュシャゲ


(左写真:ヒガンバナ)


秋の彼岸のころになると、南門近くにある学苑賛歌の石碑の横に、赤色の花を輪状につけ群生する植物がある。ヒガンバナである。この花は咲き方に特徴がある。地面からのびだした茎の先に花をつける。

ヒガンバナの葉
↑上の写真をクリックすると拡大写真が
別ウインドウで開きます。

(左写真:ヒガンバナの葉)


花が咲き終わった後に線形の葉を広げる。しかしその葉も春になると地面から消えてしまい、秋の時期まで何も生えない。

冬の自然

準備中です。

Copyright : Meisei Gakuen, All rights reserved