• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑 明星幼稚園

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME

Q&A

Q&A

明星幼稚園のよくあるご質問についての解答です。 

まだ、トイレの自立ができていません。
幼稚園に入れても大丈夫でしょうか。

トイレの自立は個人差が大きいのですが、幼稚園では一人ひとりの状態にあわせて無理のないよう指導していきます。
お友だちと一緒にトイレに行ってみたり、真似してみたりするなかで意識が芽生え、必ず出来るようになります。
それでも遊びに夢中になって、つい、うっかり………ということは子どもにはありがちなこと。
そんな時いちばん傷ついているのは子ども本人です。
子どもの気持ちを大切にしながら、ご家庭と幼稚園との連携で自立できるようにしてあげたいですね。

着替えが一人で出来ません。
どの程度まで自分で出来れば大丈夫ですか?
幼稚園に入るまでに練習したほうがよいのでしょうか。

 

入園した頃はまだ指の動きも幼くて、なかなか思うようにボタンがかけられなかったり、まだその方法がわからなかったりして上手に身支度ができませんが、幼稚園では年長組のお兄さんお姉さんのやさしい手助けや、保育者との関わりを通して意欲を高め、自分でやろうという気持ちを育てます。子ども自身が出来るようなやり方を一つ一つていねいに教え、くり返していくことが大切です。ご家庭でも、あせらずに取り組んでいって下さい。

近所に同じくらいの年の子どもがいないため一人で遊ぶことが多いのですが、
お友だちと仲良く遊べるようになりますか。

初めての集団生活……。お友だち関係がやっぱり気になりますね。でも、大丈夫。子どもはみんなお友だちが大好きです。お友だちと遊びたいと思っています。また、一人での遊びに熱中したいときや、お友だちの遊びに心で参加している場合もあります。子どもの遊びたい気持ちを引き出しながら、それがうまく伝わらないときには保育者が必ず側にいて、心の橋渡しをしていきます。活発な子も引っ込み思案でおとなしい子も、みんながのびのびと遊べる場所が幼稚園なのです。

落ち着きがなく、先生のお話も聞けないのではと心配です。
みんなについていけるでしょうか。

 

心配はありません。幼稚園は、静かにじっと先生の話を聞くところではなく、たくさんのお友だちや先生たちと遊ぶなかで様々な経験を心にたくわえて大きくなるところだからです。それでも集団生活の「はじめの一歩」として、簡単なルールがあります。それはみんなで生活するのに心地よく作られたルールですから、無理に守らせるものではありません。子どもたちが園生活を送るなかで少しずつ身についていくもので子どもの心の状態を大切にしながら手助けしていきます。十人十色といいますが、子どもが十人いれば十人それぞれみんな違います。その違いを個性ととらえ大切に育みたいと考えています。

早生まれの子どもと4月、5月生まれのお子さんとでは発育状況に多少違いがあるように思えるのですが、入園してからの保育指導内容においてどのような対応をされているか教えてください。

確かに幼児期の月齢差は大きく感じられて、早生まれのお子さんをお持ちのお母さまはご心配なこともおありでしょう。明星幼稚園では、一人一人のお子様を大切に、個々の日々の成長をご家族と一緒に支え、見守ってまいります。また、発育発達状況の違う子どもたちが集まるからこそ、お互いに刺激し合い、まねをしながらできるようになることがあったり、励ましたり、手助けする優しい心が生まれたりするきっかけにもなっています。

昼食の後にお昼寝の習慣があるが、
入園までにやめさせた方がよいですか?

 

無理にやめさせる必要はありません。入園後しばらくは、それまでの生活から園生活のリズムにスムーズに移行できるよう、慣らし保育の期間を設けております。それでも昼食が始まり、保育時間が長くなると年少さんはぐずったり眠ってしまうお子さんもいますが、それも一時のことです。園生活のリズムが自然とできてくるものです。

園生活では歯みがきはしますか?

しております。年少組は初めての集団生活なので、生活が落ち着いたころから始めていきます。

虫を殺したり、草花をむしるなどの子どもの行為に対してどう対応しますか?

 

明星幼稚園では子どもたちが生活の中で虫を探したり、小さな花を見てきれいだと感じたり、飼育されている小動物の生死を目の当たりにする中から、生命の尊さを伝えていきたいと考えています。もちろん虫を捕まえて虫かごに入れたりすることもありますが、捕まえた虫が生きていける環境を子どもと考え、与えてあげられない場合はお庭に返してあげようねと話しています。理屈ではなく体験しているその時々が子どもの成長のチャンスです。蟻を踏み潰した時、花をむやみに摘み取ってしまった時等、丁寧に関わって、命の大切さを伝えていくことが大切だと考えます。

おもちゃを独占したり、友だちと仲良く遊べません。
このままいじめっ子になったりしないか心配です。

公園などでお母さんが見守る中、お子さん同士をあそばせていると「どうして我が子はいつもお友だちにおもちゃを貸してあげないの」とイライラする事ってありますよね。幼児期は社会性が発達していく真っ最中です。まず一人遊びから始まり、徐々に同年齢の子どもを意識し始め、共通の出来事で心を通わせ、そして一緒に遊ぶことが楽しくなってくるというプロセスを経て社会性が養われていきます。最初から社会性を持って生まれてきた子はいませんから、同年齢の子どもたちと数多く関わる事で社会性やコミュニケーションが育っていきます。お母さまとしては「○○ちゃんがそんなこと言うとお母さん悲しくなっちゃうな」と「意地悪=お母さん悲しい」ということをお子さんに伝えてはどうでしょうか。そしてお友だちにおもちゃを貸してあげることができたときは、あたりまえと思わずに、「お母さんとってもうれしいわ!」とお母さん自身の気持ちを言葉にのせてお子さんに伝えましょう。

自家用車での送迎はできますか。

 

幼稚園の隣接地に駐車スペースがありますので、自家用車での送迎が可能です。

園バスはありますか。

 

あります。バスルートは4コースになります。
赤コース(国分寺方面)・緑コース(小金井方面)
青コース(府中西方面)・黄コース(府中東方面)

コース詳細
料金は月4200円になります。
園バスには、GPSによる位置情報を活用しバスが指定場所に接近すると、利用される方へ携帯メールにて、お知らせするサービスがついています。

プールはありますか。

平成19年6月に新しいプール(6M×10M ろ過装置、温水シャワー付)が完成しました。夏は、子どもたちと一緒に水遊びを楽しみます。

明星小学校との連携はありますか。

 

明星小学校入学を希望される方は優先的に入学できます。

子どもが園で安全に過ごせるよう、どのような対策行っていますか?

 

市役所・警察署・消防署の指導のもと、園児の災害避難訓練(地震・火災)、交通安全指導、防犯訓練を定期的に行っています。また、AED使用講習・救命講習・防犯訓練などの職員研修を行い、万一に備えての準備や心構えをしています。
保護者は送迎時にはIDカードを身につけています。また、学苑内には警備員が常時常駐するなどのセキュリティ対策も行っています。
園には看護師が常勤しています。
災害避難訓練救命講習

Copyright : Meisei Gakuen, All rights reserved